s_builder

2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP ≫ CATEGORY ≫ HG ジェノアス★
CATEGORY ≫ HG ジェノアス★
       次ページ ≫

HG ジェノアス 最終回

2015年に あけました。

今年も残り 後アバウト300日

来年も 良い年になりますように。

(自分は 気が短い)

■ ■ ■

2015年に なっちまったか・・・

セカンドインパクトって 何年だったっけ?

ま、特に今年だろうが 来年だろうが 

大して変わる事はないだろう

je7_1.jpg

↑ 近くの神社で 毎年集めている ゴールデン干支ミニフィギュア(←自分はそう呼んでる)

12個全て揃うと 俺の どす黒い欲望 ささやかな夢を かなえてくれる と期待している

■ ■ ■

次は 新年早々 ヘコンでしまった話



年賀状を元旦に届くように 早めに出したのだが 送り先の人の 住所が違っていたので 12/31日に戻ってきた

それ自体は問題ないのだが

今度は 住所を訂正して 再度同じ年賀ハガキを 早々とポストに投函

そしたら 1/2 またまた そのハガキが戻ってきた

見ると


一度お出しになった 郵便葉書を再度ご使用の場合 郵便料金が再度必要なので 52円切手を貼り

「再差出」と朱書きのうえ お出しください


との事。

あ~!! なんか、スッキリしない! ミスしたのはオレだけど

それだったら 1度目戻した時に メモ貼っておいてくれよ! って言いたいのだが

さらに 52円余分だし ・・・昔もこうだったっけ?

・・・あ~なんか スッキリしない。

年賀状もう いいかも。 今 メールで十分だ。 くれる人には返すけど (涙)


■ ■ ■

話題変わり

今年は 実に画期的な事を 発見した。

おみくじを引いても ほとんど悪い結果にならない方法である。

名付けて

「平均法」

現在私は 3回 おみくじを引いている

1回目 : 末吉

2回目 : 中吉

3回目 : 吉

je7_2.jpg
※ ↑3回目のみくじ 安産らしいので、便秘に悩まされずに済むみたい。 産後も順調? すぐ巣立つけど。


以上より 大体平均すれば 「 吉 」程度だろう

この方法を使えば 仮に悪い「凶」を引いても 平均して相殺されるので

総合的に 悪くなる可能性は低い


うぁー! 最悪 「凶」じゃん


~なんて 嘆いているそこのアナタ 是非この方法を試してみてくれ!(連続で 「凶」引いたら 知らんが)

「大吉」は 自らの力で つかむものなのである!

(当ブログは 今年も クソつまらない事を お約束します)


■ ■ ■

長い前置きはさて置き そんなこんなで 本題に入ろう

HG ジェノアス 最終回である

(全然盛り上がらない内容なのだが)

21_11.jpg

今年の初完成品

21_12.jpg

後日 ヤフオク出品いたします。

21_13.jpg

ビームサーベル と ヒートスティック

なんだけど どちらかと言えば アイススティック な色で塗装しました。

21_14.jpg

ライフルです。

21_19.jpg

背中のバーニア と 足の裏の塗り分けなど 結構面倒でした。

ケツの穴は 綺麗に埋めました。

あ、足の裏も 穴を埋めております。 (過去記事参照)

21_20.jpg

仮面を外すと こんな状態です。

21_21.jpg

いろんな アングルから

21_23.jpg

アイススティック装備

21_24.jpg

うしろすがた

21_27.jpg

特に書く事 あんまないなぁ~

21_29.jpg

以上です。

※ 完成品展示室には 後日写真多めに アップするので よろしければご覧あれ。

■ ■ ■

さて最後に、今年の プラモの進行予定についてだが

当ブログのタイトル上 (すいません、現在、タイトルと内容がずれてます:汗) 

やはり

スクラッチ物、ミキシング物(市販物の改造) >= 市販物を普通に作る

が数的に 望ましい (現在 1 対 2 )

なので

① PG ダブルオーライザー

② ミキシング物 

の順番で 進めたいと思う ( ZⅡ ジュアッグ 百万式 ゾゴック あたり欲しいのだけど・・)


とまぁ 今回の更新は以上です。

早速、来週からは PG ダブルオーライザー 1本で取り掛かります。 (並行制作は無理みたい)
スポンサーサイト

HG ジェノアス その6

今年最後の更新です。

なんとか、年内に ジェノアス完成させようと思いましたが、来年に持ち越しになりました。

ほぼ、山場を終え 終盤ではありますので 次回が最終回になるでしょう。

■ ■ ■

本題の前に 映画の話 2本分

どちらも おススメ。 (ま、大作なので 私がレビューするまでもないのだが・・)

je1s-.jpg

まず、1本目

クリストファー・ノーラン監督は 実に器用である

バットマンなどの キャラ物にしても オリジナル作品にしても どちらも面白い

で、いつもこの監督の映画を見ると思うのが

流れる音楽の 重重しさが 感情の高ぶりに繋がり 最後には自然とハマっているところである。

ただ、「スターウォーズ」などと違うのは その音楽を見終わった後に、頭で思い出すことが出来ないので 

音楽と言うより 効果音に近い

ま、安定感のある 監督なので 次作も見るだろう。

je2s-.jpg

とうとう、終わってしまった。

ホビットの里の音楽は 油断すると泣けてきてしまう。(汗)

前シリーズ 「ロードオブ~」上映の時は 「マトリックス」シリーズをやっていて

あれから、随分時間が経ったのだなと ふと思ってしまう。

こちらも クリストファー氏についてだが

魔法使い?サルマン 役の クリストファーリー氏は 「ホビット 第一章」で出演して

もうさすがに 超高齢だから出演しないだろうと思ったら 今作もご健在である

御年 92だそうだ。 スゲー!

このシリーズは終了したが 来年は またスターウォーズが始まるので それはそれで楽しみである。

■ ■ ■

さて ジェノアスについて

いや、これ 自分が思っていた以上に マスキングが多くて(汗)

もっと 簡単に済むと思ってたら・・・(汗)

ポジション的には ジムと同じだけど HGUCジムの方が 何倍も楽です。(キッパリ)

まず、足

je3s-.jpg

足底の バーニアの噴射口ですが いつもなら 「オレンジ色」なんですが

この機体には 合わないだろうってことで 変えます。

まずは 「白」を塗り

je4s-.jpg

「薄いブルー」を塗る

je5s-.jpg

前方の 「グレー」を塗り

je6s-.jpg

一旦 噴射口 と グレー部分を マスキング

je7s-.jpg

「赤色」の前に 下地に「白」を塗ります

je8s-.jpg

今度は 後方の「グレー」部分を塗るため マスキング

je9s-.jpg

少し写真抜けてますが

「グレー」 ⇒ 「噴射口:シルバー」 ⇒ 噴射口マスキング ⇒ 「グレー」

で完成。 ま、まずまずだろう。

je10s-.jpg

次に胴体

グレーを塗り

je11s-.jpg

マスキングして

je12s-.jpg

「白」 ⇒ 「赤」 を塗装

je13s-.jpg

肩あたりを グレーで塗装する為に また マスキング

je14s-.jpg

片方だけ まずは塗装 (現在は 終わってる)

je16s-.jpg

腰まわり

グレーで 塗装

je17s-.jpg

マスキングする。

je18s-.jpg

写真飛ばしましたが 上記で完成。

「グレー」 「赤」 「濁白」 の3色構成です。

je19s-.jpg

てんやわんやの マスキング風景

je20s-.jpg

左側の盾のパーツ やはり想像した通りの問題発生

一見うまく出来ているように見えるが グレーが行き届いていない面があり 筆塗りするか思案中・・

je21s-.jpg

ランドセルのバーニア

グレー シルバー 水色 の3色構成

je22s-.jpg

足の付け根あたり

こちらも マスキングで多色にする

とまぁ マスキング 苦労報告でした。


■ ■ ■

これにて 今年の更新は終わりです。

ま、来年になって ますますパワーアップなんてことは これっぽっちも ありません。

来年も変わらず 薄い内容で グダグダ更新して行きたいと思います。

では、来年に

ちゃお♪


※ 次回は 1月中旬頃に 更新すると思う







 

HG ジェノアス その5


久々の更新、 今年も後わずか。

来週あたり、1度更新して 今年はラストとさせて頂きます。

しかし 寒いなぁ~。

■ ■ ■

ジェノアスの前に ・・・

J17_1.jpg

届きました オラザクの 景品

雑誌発売しても なかなか届かないので ひょっとして 見間違いか?

なんて心配しましたが ようやく 到着!

J17_2.jpg

素直に うれしい。

・・・ しかし HG ガンダム ⇒ Dガンダム ⇒ MG ガンダム 3.0

と 立て続けに ガンダム系制作は ちと なんだなぁ(汗)

色からして キャスバル専用は 決定しているが 当分先だな

(ヤフオク出品も 考えたが さすがに・・・できんわ。っても 制作後 出品するけど)

■ ■ ■

さて、ジェノアス

他の方なら 簡単に完成するであろう このやられメカ

ようやく 塗装前に入りました (遅!)

と、その前に それまでの 作業内容を 掲載しておく

J17_3.jpg

シールドなんですが 1ミリ以下の 穴を開けて・・・ってやったけど

市販パーツで デコレーションすることに 修正しました。

J17_4.jpg

こんな 感じです。

J17_5.jpg

いつもなら これで 全然OKなんだけど

もう少しだけ 手を加えます

J17_6.jpg

ちまたで 流行り?の 2重穴?

身体中 あちこち 開けました。

J17_7.jpg

サーフェイサー状態の 写真を 久々に数枚撮りましたので

「完成品展示室」 にてUPしております。 よろしければ ご覧ください。

おっと! それと それと

J17_8.jpg

カッティングプロッター 買いました。

さっそく 慣れる為に 練習しました。

J17_9.jpg

J17_10.jpg

こんなのやら

J17_11.jpg

J17_12.jpg

こんなのやら

ジェノアスにも 早速 使用しました。

0.3 ミリ プラ板で 全然使用できますので 問題なしです。

J17_13.jpg

J17_14.jpg

右側 ⇒ 方眼紙 + 手で 制作したもの

真ん中 ⇒ カッティングプロッター 使用した 訂正版

左 ⇒ 同上 予備

このレベルなら 手でも機械でも 変わらないのだろうけど

何分 コピぺで 同じ物を 簡単に増やせるのが うれしい

J17_15.jpg

話かわり

ビームサーベル

久々に 蛍光ピンク 白 などで グラデーション塗装

J17_16.jpg

マスクは クリアーブルーで 塗装後 クリアーを吹く

J17_17.jpg

最後に 調色について

今回は 色数を増やさず ほぼ見本通りに シンプルに塗装

グレーは もともとのガンダムカラーを 使用しますが

赤については 以下3色で 調色しました

・ 114 RLM23レッド (クレオス)

・ 016 ブリリアントピンク (ガイア)

・ ホワイト 少々

J17_18.jpg

左上の ホワイトにしても

いつものように EXホワイト一色 ではなく

あまり物の色などと ホワイトをまぜて 調整してます。


■ ■ ■


最後に 12月14日の 選挙について

あれこれ書きたいが やめておきます。

しかし、

行っていない方へ

次こそは お願いだから 行って投票してください。

次の 15 か 16年?の 参議院?選挙 は 下手をすれば 日本にとってトドメになる

今ある日常は 当たり前ではないと 後悔する前に どうか気づいてほしい

選挙の大事さを

( 過去の自分は 行かなくても一緒派だったから エラそうには言えないが・・ (滝汗) )





HG ジェノアス その4


う~ん。

今週は、ネタが無い。

なんせ、全く進めていないからである。 ( BY 大威張りで )

ま、PG ダブルオーライザーは 一旦完全休止とし HG ジェノアスに 集中するとしよう。
(次回からだが)

DSC00954s-.jpg

ジェノアスの 足は 差し込むと 抜くのが困難と言う情報を どこかで読んだのだが

やはり 全身写真が撮りたいって事で ↑の様に ポリキャップに穴開けて 抜けやすく対処したつもりだったが

・・・無駄でした。

スゲー、抜けない。 完成までは 直立の写真は 無理だ、我慢しよう。

DSC00956s-.jpg

現状 サフして 一部やり直しパーツがあり 放置している状態。

DSC00957s-.jpg

関係ないが

Gのレコンギスタ の エンディング曲

最初は 明るい曲だなぁ なんて聴いてたけど だんだん すごく悲しい曲に聞こえてきた。
(足上げて 楽しそうにしてるが 既にご臨終の方も いらっしゃるし)

感覚的には アンパンマンの テーマソングの様な そんな感じ

DSC00958s-.jpg

DSC00959s-.jpg

またしても 関係ない話だが

ビン入りの サーフェイサー1000番を 購入しようとしたら 一時絶滅状態だった。

昨日みたら 回復してたけど 円安の影響か? なんて アホな考えしてた。

DSC00969s-.jpg

右側が やり直し要のパーツ

少しなんだが モチベーションが 上がらない。

多分これも 急激な円安の影響なのかもしれない。 
(なんでもかんでも 他人のせいにすると 気持ちが楽です)

ふぅ、がんばろ。

来週へ 続く・・・。





HG ジェノアス その3

ジェノアスの 第3回目です。

今週は 改造した点を お送りします。



j3_1.jpg

先々週の 第2回にお伝えした通り この腕(下腕)の 継ぎ目消しについて
(注:継ぎ目消し不要なら 読む必要ありません)

作る人だけにしか分からない マニアックな 内容ですが

右腕は A⑧ と A⑨ 

左腕は A⑥ と A⑦

と言う パーツ構成なんですが


右腕の A⑧ と A⑨ の段差が かなり凄まじく

ずらして接着やら パテ盛りやらでも 綺麗な処理になりませんでした 
( もしかしたら 自分だけかもしれませんが・・・ )

引きかえに

左腕の A⑥ と A⑦ は 段差の差も あまりなく 比較的綺麗に処理できました。



自分の場合 すでに右腕の A⑧ と A⑨は イジッてしまって 再注文要の状態でしたので

もう1セット 【左腕の A⑥ と A⑦】 を 注文しました。

見た目は 同じなので 問題ありませんが 少し処理が必要になります。

j3_2.jpg

上腕は 右腕の物なので 下腕の 円で囲った ストッパーを削る処理が必要になります。


・・・・って 作ってない人には サッパリな内容でしょうが 以上腕についての説明でした。


さて 次に足裏の処理について

j3_3.jpg

パテではなく なるべく簡単で 綺麗にできるだろう って事で プラ板で蓋することに

↑ 考え中

j3_4.jpg

再注文しないように 慎重に あーでもない こーでもないと 考え中

j3_5.jpg

厚さ 0.5ミリの プラ板ですので

かかと と つま先に 高低差が出ますが 気にならないと思います。

j3_6.jpg

j3_7.jpg

こう言った 感じで終了しました。

まぁまぁ よかと。

j3_8.jpg

お次は どうせ見えないのに みょーに作りこまれている 素顔です。

小さな穴(0.5ミリ) を再度ピンバイスで 掘りました。

j3_9.jpg

左右の ふんどしガード? の内面です。

方眼紙で 考え中

j3_10.jpg

j3_11.jpg

こんな感じに しました。

しかし こんな簡単なパーツでも 人の手では 綺麗な処理に限界を 感じるので

カッティングプロッタ の購入を 検討したいと思ってます。
(↑ 機械で 正確にカットしてくれるマシーン。0.2 0.3 ミリの プラ板なら可能らしい)
※ 2、3ミリ は 誤りなので 訂正(11/17)

j3_12.jpg

円で囲まれた場所は 奥まっていて 黒を塗装して マスキング 赤塗装でもよいのですが

プラ板の細い物を 黒塗装して 貼り付けることにしました。

その法が 簡単ですし。(汗)

j3_13.jpg

こちらも 前の物と同じです。

j3_14.jpg

銃口に 市販パーツで デコレーションします。

j3_15.jpg

なんだか ケツの穴に見えるので 埋めました。 (笑)

代償に スタンド差し込み不可で 空中ポーズは できませんが。

左右足を接続する 軸にも 小さい隙間があるので 埋めました。


j3_16.jpg

最後の改造

盾の2つのネジを削り 一旦ツルツルにして 2つの穴を 掘りました。

j3_17.jpg

改造内容は 以上になります。

現在は洗浄をして 下地サーフェイサーを吹いて、表面処理を チマチマしてます。

来週も 一旦 ダブルオーライザーに 移ります。



j3_18.jpg

最後は 先日 新宿のオフィス系ビルで食べた 天丼。
(店名は たしか 「天吉」だった)

半熟卵が乗っている なかなか 美味でした。

以上、今週はここまで。