2014年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年08月
ARCHIVE ≫ 2014年08月
      
≪ 前月 |  2014年08月  | 翌月 ≫

夏といえば・・・


今週は プラモネタ お休みです。

hi_0s-.jpg

現在ようやく 表面処理は終わり 色塗りはじめました。

とりあえず 「白」から初めてますって ところです。

■ ■ ■


「 夏と言えば・・・」



先日 西武池袋線 にて 初めて清瀬駅に行ってまいりました。

(※ マジックの黒で 塗りつぶしたような部分は 人の顔が写っている物を 修正したところです)

hi_1s-.jpg

初めて 来た駅です。 どことなく 落ち着いた感じで 住んでもいいかもって思いました。

で なぜ来たかと言うと

夏と言えば・・・ ひまわりの花

hi_2s-.jpg



前から一度 あたり一面の ひまわりを見てみたかったので、

オッサンの中にある 数%の乙女心(笑)を 満たしにこちらに 行きました。

8/31日までなんで 近場の方は おススメします。

今回は ちゃんとカメラも持っていきました。





hi_3s-.jpg

いや~ 癒されます。 気持ちが 明るくなる感じがします。 

※ 以下の写真は 撮影順ではなく 適当に編集して 掲載してます。






hi_4s-.jpg

左のひまわり 「よう兄ちゃん! ワイらをみて 元気だせよ!」

右のひまわり 「そやで。 ワイらいつも元気じゃけんのぉ~。 ガハハ!!」

↑ 管理人の妄想、なぜか? 極道口調。



hi_5s-.jpg

これだけあると 爽快です。

hi_6s-.jpg

なんだか かわいらしいです。

hi_7s-.jpg

素晴らしい。 

hi_8s-.jpg

ひまわり達にとってみれば 渋谷のスクランブル交差点以上の 状態なんでしょうけど・・。

hi_9s-.jpg

hi_10s-.jpg

これで 天気が青空だったら 言う事なかったんですが・・

まぁ 涼しかったという 利点もあったので よしとしよう。

hi_11s-.jpg

一厘だけ こちらを向いてます。

人間の世界にも こういう 変わり者いますね

・・・・・なんだか 親近感わくな この花。(笑)

hi_90s-.jpg

いい眺めだ

hi_100s-.jpg

最後は 画面いっぱいの ひまわり画像で しめました。

ご覧になってる方にも 元気と幸せが 伝われば いいですな🎵
スポンサーサイト

MGガンダム Ver 3.0  その13


今週は あまり内容は ありません。(と言いつつ 毎週薄い内容ですが)

やった事と言えば・・

G13_1.jpg

コアファイターの羽を やすりがけして ツルツルにした物に

0.3ミリプラ板で デコボコを復元したり

G13_2.jpg

東急ハンズで ガンダムハンマーの 鎖部分、と連結パーツを 買ってきたり
(一番下が もともと付属している物だが やすりがけやらするより 本当の金属の鎖に変えることにした)

G13_3.jpg

その後 洗浄して 乾かして (暑いから すぐ乾いた)

G13_4.jpg

下地の サーフェイサーを 吹いている所です。

( しかし、たかがガンダムごときで なぜこれ程までに パーツが多いんだ?(汗) )

そしてこれが終われば いよいよ塗装です。

■ ■ ■

以下、プラネタ以外

G13_5.jpg

もうすぐ 完成? らしい??? 「塩レモン」

本当にこれで完成なのか 非常に疑わしいのだが 大丈夫だろうか?

この写真撮影後に 不安になって 中を少しかき混ぜたところ

「おぬしの心に迷いがある! カーツ!!!」

と、目にレモンの汁が ピュッと入り

「ぬぉーーーー痛ぇぇ!」と 絶叫

とまぁ 塩レモンの神様? にお叱りを受けました。

■ ■ ■

G13_6

ここんところ テレビも見ずに こればっか読んでます。

現在 第一部まで読み終えたのですが (7:王都奪還まで)

うーむ、たのしすぎ。 あのヘタレキャラの 最後の活躍が 全く予想外でした。(←読んだ人しか分からんが)

この調子で 残りの5冊も 読破速そう。

なお この作品が もしアニメ化になったら 間違いなく深夜放送だと思う。

なぜなら 首が飛ぶ 胴は切断される などは 日常茶飯事だからである。
(そう思うと昔 アニメ「北斗の拳」は よく7時代に 放送してたよなぁ ひでぶなのに。
今だとぜったい ぱぴぷぺぽだよな。)

まぁ そんなところでございます。


MGガンダム Ver 3.0  その12


チビチビと進めて来た MGガンダム3.0でありますが そろそろ塗装作業に入ると思います。

では、続き

G12_1.jpg

前回、胴体に穴をあけたのは 上記のように 突起物を仕込む為

どことなく MGニューガンダム Ver.Ka を意識しているのかもしれんが。

G12_2.jpg

襟の部分に フタをしました。そんだけ

G12_3.jpg

ツノを 尖らせました。

自分は この作業があまり 好きじゃありません。 少し手元くるうと ポキっとな🎵 になるから。

G12_4

手の表面処理しようと バラしたもの。

パーツが多く また組んだり バラしたりが 面倒なので 全体の表面処理をすまし 塗装に入ると思います。
(たぶん)

プラモネタは 以上 (短か)

■ ■ ■

以下は それ以外 いろいろ

G12_5.jpg

↑ 行ってまいりました。

展示会だから 当然撮影禁止と思い カメラを持って行かなかったんだけど 持っていけば良かった。

初めてまともに行く 六本木ヒルズやらなにやらを 少し撮影しときたかった。(記念に)
※ 都心にいながら 少しカルチャーショックを受けた(汗)

ちなみに その日 「ドラえもん」が たんまりといました。


展示会内容としては 井上先生の 画力は変わらず スゴイと感じた

ガウディも パソコン等の無い時代に よくぞあれだけの 図面を書けた物だと 驚き。(建物も言わずもかな)

ただ 建築自体にあまり興味がなかったので (汗)

井上先生の 以前開催されていた 「最後の漫画展(タイトルうる覚え)」 の方が良かったといえば良かった。

ちなみに、52Fで 開催されていたのだが 帰る際 「ポケモンショップ」を必ず通る様にできているようで
(もしかしたら ルートを間違えたかもしれないが)

そこで 財布のヒモを 緩めさせよう と言う策略? があり
(高いビルの 高い階層での 催し物の場合は 帰りルートにショップは お約束なのか?)

だれが そんな手に乗る物か! 

大の大人が ポケモンなんて 買うわけないだろう! ふん! \(ー。ー)

と 意志が強い私は (自称)







G12_6.jpg

結局買っちゃいました🎵 ピカチュウマグカップ🎵

ピカチュウかわいい🎵 他のポケモンの マグカップも 買っとけば良かった🎵

■ ■ ■

話かわり・・

G12_7.jpg

今話題の? 「塩レモン」を 作ることに。

まだ作って 1日しか経ってないが 2週間で完成との事。

完全体にはまだ遠い・・

■ ■ ■

G12_8.jpg

ウル4。 

少佐(ポイズン)で ひたすら 逆波動拳コマンド×3の 基礎練習をチマチマとしてます。

オラ!オラ!オラ!の声が こだまする。

■ ■ ■

G12_9.jpg

最後は 「アルスラーン戦記」について

最近 「鋼の錬金術師」の作者が 漫画化にされたようで

それで気になって 「小説」か 「漫画」か どちらにしようということで 「小説」を購入

うーん。 「三国志」が好きな人なら まずハマる。 面白い!

かなり おススメであります。

では 今週はここまで。  /(・。・)




MGガンダム Ver 3.0  その11

今回は

・ ゲームネタ

・ MG ガンダム 3.0

の順番で お送りします。


■ ■ ■


夏休み平凡企画


「帰ってきた! ダイナマイトソウル!」


kuso5.jpg

※ ダイナマイトソウルとは?

武器・盾・鎧など着けず ありのままの姿こそ 戦士本来の美しさである。
ダークファンタジーゲーム 「ダークソウル2」を 両手のグローブ(正確には:セスタス)
のみで クリアーする 管理人が勝手に命名した すっぽんぽんプレイ企画である!!!
詳しくは 過去記事 「Dガンダムサード その47」 参照

【ご注意】 プレイしながらの撮影の為、写真不鮮明などあり。また、2枚程「気持ち悪い」写真あり。
なるべくネタばれしないよう配慮してますが、内容知りたくない方は見ないよう願います。


G11_1.jpg

左端に お侍さんの さらし首のような画像がある 「UHA_UHA_2」が ダイナマイト用です。
当然ながら 1度、普通にプレイして クリアーしております。

プレイした事ない方に 簡単に進行ルートを説明すると

ゲームスタート ⇒ 4体のボスを倒す ⇒ ボス色々 ⇒ ラスボス

と言った感じになってます。(簡単すぎたか?)

G11_2.jpg

これが プレイヤーキャラです。こんな姿でも 恥じらいがあるのか 腰巻をまいております。

分かる人には分かる場所ですが 現在 井戸の底にいまして
【クズ底】 と言う場所 をまずは 目指しております。

それにしても、前作 ダークソウルの 【病み村】と言い 【クズ底】と言い
ネーミングセンスが最高!
「3」があるなら 【ゲス溜まり】とか 【肥溜め横丁】 とかだろうか・・・? 

G11_3.jpg

とりあえず おりていきます。

G11_4.jpg

この先に 【クズ底】があります。

G11_5.jpg

とりあえず、【クズ底】と呼ばれる場所に 到着しました。

ご覧の様に まわりは真っ暗闇です。 

前回普通プレイの際は こんな暗闇でも 「たいまつ」がもったいない と節約し

真っ暗闇で プレイしましたが(貧乏性か?) 今回は「たいまつ」を手に持って 進んで行きます。

G11_6.jpg

と、その前に こちらがステータスです。

とにもかくにも 肉弾戦なので 攻撃力重視で 成長させています。

ただ、今回は この先のボスを倒すのが 目的と言うより 唯一の武器「セスタス」を 強化できるアイテムを

この次の場所のザコ敵が たまに落とす それをゲットするのが 目的です。

4体の中ボス 「火きこもり」  「忘れさられた侍」 「中華包丁を持つゴミ」 「ビーム光線蜘蛛」 のうち
(注意:管理人が勝手に命名した)

「火きこもり」は 倒したのですが 「侍」が 倒せない。このステータスでも。

なので とにかく「武器を強化」します。

G11_7.jpg

【クズ底】 ていうより 【闇底】 って感じです。ま、たいまつあるから 関係ないが・・

G11_9.jpg

たまに ジャレて来るので 遊んであげますが 油断すると殺されます。

G11_8.jpg

あの「白いモヤ」を目指します。 大抵、モヤの先にボスがいるんですが あの先にはいません。

G11_10.jpg

床に倒れているのが、敵。 立って緑のオーラがあるのが、オレ。

G11_11.jpg

頼りない 吊り橋です。 火で 両側を燃やして 落下したら アイテムがあって・・

と言うオチは このゲームにはない。

G11_12.jpg

暗い、とにかく 暗い。

G11_13.jpg

どういう原理で 白いモヤがでるのか? それは 誰にも分からない。

G11_14.jpg

一度目やった時は この「篝火」を 見つけられなかった。 「たいまつ」様様である。
(篝火は 火を灯すと 死んでも その場所からやり直せる 重要拠点)

G11_15.jpg

愛くるしくない 後ろ姿。 またジャレてやるも この撮影後 返り討ちにあう。

G11_16.jpg

動くキノコ?たち。 イキがいい、飛び跳ねてる。


ここまで 前回プレイ時とは違い たいまつに照らされて 暗闇ながら 快適にプレイしてきた。

何度も言うようだが たいまつ様様なのだが この後 驚愕の真実を知ることとなる



この 「イキの良いキノコたち」 がいる場所は 小さな小部屋状態になっているのだが

暗闇の中 なにやら 煙?を出す デカい敵がおり

前回プレイ時は たいまつを使わず 暗闇状態なので どんな敵か気にせず 弓矢でチクチクと やっつけてしまった。

この先のステージで キノコのデカいバージョンが 登場するので

暗闇の中の なにやらデカい敵は それだったのだろう と思っていたのだが・・・・・









G11_17.jpg

ぎょえぇぇ! 気持ち悪い。まるで デカいアレじゃないか!

世の中には 知らなくてもよかったことって たくさんあるんだ と感じた瞬間である。

G11_18.jpg

メーカーさん 頑張って作ってるなぁ 足のテカリが・・

前回の自分みたいに 姿を見ずにやっつけちゃったら メーカーさんの努力っていったい・・

など 考えるも 

うーん、やっぱ 気持ち悪い・・。

これだけのキャラだから 強いかと思えば むちゃくちゃ弱い。(まぁ 攻撃力かなりあるからかもしんないが)

さっさと倒しました。

この後 記憶があいまいで どこに行けばよいか 迷います

G11_19.jpg

この写真に 写っている お地蔵さん?は ありがたくないことに 毒をドビュ!とぶっかけてきます。

G11_20.jpg

やぁ 兄弟! 元気!

・・・・聞く耳もたず。 仕方ないので 殺す。

G11_21.jpg

やめてくれ。 俺たち 仲間じゃないか。

・・・・やはり、聞く耳もたず。 下から攻撃を受ける

G11_22.jpg

うーん、出口がどこだっけ?

G11_24.jpg

なんとか迷いながら 目的地である 「黒曜谷」に つきました。

G11_25.jpg

いっけん 先ほどの「クズ底」よりマシと思いきや ここもかなり イヤな場所です。

デカい芋虫いたりとか 相変わらず 毒のブッカケがあったりと・・

G11_26.jpg

その時 カメラはとらえていた!!!!

的な撮影で 申し訳ないが これが目的のアイテムを落とす敵です。

G11_27.jpg

そして この 「うんちゃら石の塊」 が 武器を強化してくれます。
(漢字が読めないので・・うんちゃら。調べる気もないので、うんちゃら)

G11_30.jpg

そして 武器強化後・・

G11_28.jpg


せっかくなので そのまま このモヤの先の 中ボス 「中華包丁を持ったゴミ」

を倒しにいくことに・・・。

倒せそうになかったら この「ダイナマイトソウル」の企画は 中止にしようと考えていた・・・

G11_29.jpg

倒せてしまった。うーん、やめるにやめられなくなった。

次の強敵 別ステージの牢獄にいる 中ボス 「侍」 はそれでも厳しいだろうと思ったが・・

G11_31.jpg

倒せてしまう。 うーん、このマゾプレイ まだやんなきゃなんないのか・・。

実を言うと 最後の中ボス 「蜘蛛」がいる場所が 非常に嫌で

敵が強いとかと言うより 小蜘蛛がわんさかと とにかく気持ち悪さ ナンバーワンなのです。

しかも、今回はグローブのみ さてさて・・

G11_32.jpg

話飛びますが この敵は こんだけ強化しても 倒せない難敵。

倒さなくてもクリアーできますが さらなる 攻撃力強化の為 コイツと 次の敵を倒した後にもらえる

「刃の指輪+1」が欲しいのですが セスタスプレイだと 強い!

G11_33.jpg

うーん。どうしよ。



以上 「帰ってきた! ダイナマイトソウル!」でした。

なお、次回があるか? まだこの企画続けるか? は完全に未定です (笑)


■ ■ ■


ここからは ガンダム 3.0

たいして進めてないが。

G11_34.jpg

バズーカー2本とも スコープをつけました。


G11_36.jpg

バズーカーの後ろの 噴射?部分

写真 右側のパーツを 塗り訳等したいので 自作することに

G11_35.jpg

これは 試作

G11_37.jpg

これも 試作。 ま、こんな感じです。

G11_38.jpg

清書しました。 これで 底の部分が塗り訳など できる。

バズーカー編は いったん終了しまして・・

G11_39.jpg

ひさしぶりに 胴体。

方眼紙であたりをとり いったん 吹き抜けに。

G11_40.jpg

こんな感じに
(時間 結構かかった)

ふぅ 今週の更新は ここまで。  \(・。・;)













MGガンダム Ver 3.0  その10

8月になりました。

今年ももう 残り5か月だと思うと はやいものです。

では、前回からの続き

G10_1.jpg

バズーカに スコープを取り付けることに 前回決めたのですが

とりあえず どうしていいか分からないので ハリボテを作って 完成予想図をイメージ

まずは こんな感じにしたんだけど チトでかいなぁ

G10_2

イメージとしては 上記の様にすることに

G10_3

スコープが 少しで良いので 左右に稼働できるようにしようとすると

当然 軸を内蔵しないといけない

g10_4

なので 上記パーツを とりあえずカットします。
(どうなるか 行き当たりばったりではありますが・・)

G10_5

白い筒も 短くカット (下が 改造後)

G10_6

カットの長さなどを忘れないよう 2つとも同じ作業を しておきました

G10_8

がしかし この後 どうやったら良いのか 検討がつかず 迷走。

この様な面倒な作業の場合

集中力が結構いる ⇒ しかし、気分は乗らない ⇒ いつまでたっても終わらない ⇒ もどかしい

と気分は かなりナーバスになります。

特に1つ目が 面倒くさい。
(2つ目は ただ同じ作業するだけなので 頭使わなくて良いので 楽なんだけど)

G10_9

なんだかんだと 軸埋めに成功

後は パテなどで 円柱に整える というより 元にもどす。
(後で 気が付いたが グレーのパーツを 大きくカットする 必要はありませんでした)

G10_10

まぁ、結局 写真の様な ありきたりな物になりました。スコープも 左右に動きます。

と言うことで プラモネタは ここまで。
(後 もう1本作らんと ・・汗)

■ ■ ■

G10_11

関係ないですが 8月7日発売の 「ウルトラストリートファイター4」を買うことに。

このシリーズ ホント昔から下手だけど 好きなんですよ 特にキャラが。

いつもは 「ガイル」使うのですが 今作からは

※「少佐」 を使おうかと考えております。 「ロレント」も悪くないなぁ・・。

(※ 声優の 田中敦子さんが声を担当するキャラは 自分は全て「少佐」と呼んでおります。つまり 「ポイズン」)

あ~ 楽しみ。 ネット対戦で フルボッコに 【される】んだろうけどねぇ 頑張って練習しよ。 /(T。T)

では 今週は ここまで。