s_builder

2015年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2015年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年02月
ARCHIVE ≫ 2015年02月
      
≪ 前月 |  2015年02月  | 翌月 ≫

PG ダブルオーライザー その8

いつになったら 本体に進めるやら・・

毎日マメに 少しづつ進めているはいるが 塗装を失敗して やり直ししたりとかで

テンションは かなり下降気味

とりあえず 更新しときます って感じですわ  (ー_ー;)

oo8_1.jpg

オーライザーの窓です。

クリアーオレンジで 塗装しました。

でも どことなく軽い感じがしたので

oo8_2.jpg

クリアーブラックを 上に塗装しました。

(あんま 変わらんか?)

oo8_3.jpg

次に これらのクリアーパーツです
( OO本体の モモあたりと オーライザーの 一部分 )

このまんまでも 良いのですが なんとなく クリアーブラックを塗装しました

oo8_4.jpg

この写真だと 一目瞭然ですが 塗装中の時は 色がついているのか 分かりずらかったです。
( クリアーで 少し薄めているのもあるのだが )

oo8_5.jpg

終了しました。

いつもの自分であれば これでクリアーパーツは 終了なんですが

もう ひと手間加えました。

以前の物も合わせ クリアーパーツを 全てさらにクリアー(透明) を上から塗装

oo8_6.jpg

・・・

・・・

あんま、写真じゃ変わりばえしないが 実物は少し光沢感はアップしており 満足してます

さらに さらに コンパウンド磨きするか 検討中

あ~ しかし やっぱ 進んでる感が無い (涙)

oo8_7.jpg

目のパーツです

目の輪郭が ボヤケていたので サーフェイサー吹いて 境界線を少しだけスジ彫りして

目だけ拭き取りをする ・・・って やる意味あんのか 正直不明です。


■ ■ ■

ちょっと 作業内容を一旦整理する


ダブルオーガンダム と オーライザー はまとめて サフと塗装を行う

その前に 付属品等を片づけているのだが


・ ミサイル (終了)

・ クリアーパーツ (作業中)

・ 台座 (作業中)

・ 人物フィギュア

・ 太陽炉

その後

・ 本体 : ダブルオーガンダム + オーライザー

って事か。


・・・ま、焦ってもしょうがない 

とりあえず つづきます。



スポンサーサイト

PG ダブルオーライザー その7

更新が滞った (汗)

しかも ほとんど進んでない (汗)

取り急ぎ、進行状況までアップします

oo7_1.jpg

この前の オーライザーを支える部品 の裏側をカバー

oo7_2.jpg

厚みを1ミリ加え 強度をアップ

oo7_3.jpg

こんな感じで よいかと

oo7_4.jpg

クリアーパーツ 一部塗装中

緑のパーツは メタルグリーン塗装後 ⇒ クリアーグリーン塗装

この後 クリアーを塗装するか 思案中


やっぱ 自分は2体同時制作は やめたほうがいいや このペースでは・・(汗)


■ ■ ■

こないだ テレビの番組で

「宇宙太陽光発電」なるものを 紹介していた

通常の 太陽光発電は 天気の具合で ほとんど発電できないのに対し

この太陽光発電は それが無いとのこと

宇宙に 「パネル」を飛ばし

その「パネル」が 太陽の光を受け 電子レンジで使う マイクロ波(だったと思う)に変換

それを 地球の定められた設備に放射して 原子炉一基分の電力を作れるとの事

パネルを複数設置しれば 当然もっと多くの発電が出来る

さらにスゴイのは 「宇宙コロニー」を作れば 当然そちらに 電気を送る事が出来る訳である

(コロニー落としが 心配! なんてのは まだ時期尚早)

地球という 限られた資源で 人間は暮らしているのだが

宇宙に目を向ければ 資源は豊富 それを使おうとの考えのようで

賢い人間は 考えている事が違うなと 感心した番組でした。

では 次回に続く

PG ダブルオーライザー その6


さて、つづき

oo6_1.jpg

今回の内容は このスタンドです。

現在、これを同梱で PGダブルオーライザーを買うことは ネットでしかできないと思います。
(私は ヤフオクで 落札致しました)

oo6_2.jpg

中は こんな感じ

台座を ツルぴか塗装するとか 一部電飾するとか 思案中 (まだ未定だが)

oo6_3.jpg

組み立てると こんな感じです

ダブルオーライザー(合体状態)だと 安定性に欠けるらしいので (ネット調べ)

OOガンダム と オーライザー 別々で飾るタイプを選びます。

oo6_4.jpg

ミサイルと同じように 継ぎ目を消さず 段差を作る方法にしました。

oo6_5.jpg

長い方

oo6_6.jpg

短い方 共に 裏もやっております。
(結構 地味ながら 時間かかりましたよ)

oo6_7.jpg

ジョイントのパーツですが 結構 肉抜きが目立つので 埋めます。

oo6_8.jpg

こんな感じで。 (同じく かなり 時間喰う)

サフ吹いたら また 修正するだろうなぁ。

oo6_9.jpg

この オーライザーを 飾るパーツも 

oo6_10.jpg

プラ板で 埋めてます。まだ、裏もあるし、まだまだだが。

(別にやらないでも いいんだけどね なんかスカスカ感が 好きじゃないので)

oo6_11.jpg

変わりまして メッキパーツです。

何かの液体につけて 剥がすらしのですが その液体が無いので 削りました。

oo6_12.jpg

こんな風に

メッキシルバーNEXT なる 高価な塗料で 塗るだろうさ。

oo6_13.jpg

最後に クリアーパーツ群

コンパウンド磨き ⇒ 洗浄して 塗装準備段階

ふぅ 周辺物ばっかで つまらない内容でしたが 今回はここまで。


PG ダブルオーライザー その5

1週間おきの更新の予定でしたが、キリが悪いタイミングでしたので

現在制作している 「ミサイル・パーツ」を 完成させました。

結果的には 3週間ぐらい かかったかもしれない。

とにかく この「ミサイル・パーツ」 早めに制作する事を おススメします。

■ ■ ■

では、早速つづき

まずは、サーフェイサー(下地)を塗装しました。 

ooo5_1.jpg

ooo5_2.jpg


よく見ると 粗いヤスリがけ部分もありますが 今回は大目に見てスルー

早速 色を塗装 ⇒ 墨入れ ⇒ 拭き取り ⇒ デカール まで行いました

基本的なカラーは 説明書の物をベースとして 多少アレンジする感じです。

ミサイルの先っぽを 「赤」で塗装しようかと思いましたが 今回は我慢して 地味な感じで抑えました。

ooo5_3.jpg

一部のデカールが 組立都合で 貼れない部分があり 臨機応変で 一部カットしたりしてます

ooo5_4.jpg

組み立てるまでは不安でしたが とりあえず問題なさそうだ

仕上げのクリアーはまだしておらず 一通り完成後に 再調整して 行いたいと思いますので

全て 一旦終了状態です。

ooo5_5.jpg

黄色の 巻き付け部分のデカールは 2度失敗しました (汗)

予備を買っておいて よかったです。

この手のデカールは 意外と難しいです。

ooo5_6.jpg

同じく 黄色デカールを 1度失敗

ooo5_7.jpg

ミサイル連結部分のパーツですが シルバーで アクセントしてます。

以下、途中経過写真

oo5_8.jpg

oo5_9.jpg

oo5_10.jpg


以上になります。

■ ■ ■


oo5_11.jpg

↑ 先日 こちらに行ってまいりました。

感想について 色々書きたいですが 胸にしまっておきます。 (苦悩)

ただ 演奏プログラム 2000円は いくらなんでも取り過ぎではないか?

と思わざるえませんでした。

( 自分は 買いませんでしたが チラ見するかぎり うーん??? でしたし・・・ )

■ ■ ■

2月1日 そして 2日

あのニュースで 気分は酷く沈みました。 

日本人だけでなく 世界の人々もそうだったんじゃないでしょうか?

そして 今後の日本は どうなるのか?

テロに襲われる心配もありますが それ以上に 日本の政治運用の方がもっと心配

憎しみの連鎖

これを断絶するのは 人間の永遠の課題かも しれない

■ ■ ■

今回は以上

次回より 区切り事にUPする為 不定期更新にします。