2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPHG ジェノアス★ ≫ HG ジェノアス その3

HG ジェノアス その3

ジェノアスの 第3回目です。

今週は 改造した点を お送りします。



j3_1.jpg

先々週の 第2回にお伝えした通り この腕(下腕)の 継ぎ目消しについて
(注:継ぎ目消し不要なら 読む必要ありません)

作る人だけにしか分からない マニアックな 内容ですが

右腕は A⑧ と A⑨ 

左腕は A⑥ と A⑦

と言う パーツ構成なんですが


右腕の A⑧ と A⑨ の段差が かなり凄まじく

ずらして接着やら パテ盛りやらでも 綺麗な処理になりませんでした 
( もしかしたら 自分だけかもしれませんが・・・ )

引きかえに

左腕の A⑥ と A⑦ は 段差の差も あまりなく 比較的綺麗に処理できました。



自分の場合 すでに右腕の A⑧ と A⑨は イジッてしまって 再注文要の状態でしたので

もう1セット 【左腕の A⑥ と A⑦】 を 注文しました。

見た目は 同じなので 問題ありませんが 少し処理が必要になります。

j3_2.jpg

上腕は 右腕の物なので 下腕の 円で囲った ストッパーを削る処理が必要になります。


・・・・って 作ってない人には サッパリな内容でしょうが 以上腕についての説明でした。


さて 次に足裏の処理について

j3_3.jpg

パテではなく なるべく簡単で 綺麗にできるだろう って事で プラ板で蓋することに

↑ 考え中

j3_4.jpg

再注文しないように 慎重に あーでもない こーでもないと 考え中

j3_5.jpg

厚さ 0.5ミリの プラ板ですので

かかと と つま先に 高低差が出ますが 気にならないと思います。

j3_6.jpg

j3_7.jpg

こう言った 感じで終了しました。

まぁまぁ よかと。

j3_8.jpg

お次は どうせ見えないのに みょーに作りこまれている 素顔です。

小さな穴(0.5ミリ) を再度ピンバイスで 掘りました。

j3_9.jpg

左右の ふんどしガード? の内面です。

方眼紙で 考え中

j3_10.jpg

j3_11.jpg

こんな感じに しました。

しかし こんな簡単なパーツでも 人の手では 綺麗な処理に限界を 感じるので

カッティングプロッタ の購入を 検討したいと思ってます。
(↑ 機械で 正確にカットしてくれるマシーン。0.2 0.3 ミリの プラ板なら可能らしい)
※ 2、3ミリ は 誤りなので 訂正(11/17)

j3_12.jpg

円で囲まれた場所は 奥まっていて 黒を塗装して マスキング 赤塗装でもよいのですが

プラ板の細い物を 黒塗装して 貼り付けることにしました。

その法が 簡単ですし。(汗)

j3_13.jpg

こちらも 前の物と同じです。

j3_14.jpg

銃口に 市販パーツで デコレーションします。

j3_15.jpg

なんだか ケツの穴に見えるので 埋めました。 (笑)

代償に スタンド差し込み不可で 空中ポーズは できませんが。

左右足を接続する 軸にも 小さい隙間があるので 埋めました。


j3_16.jpg

最後の改造

盾の2つのネジを削り 一旦ツルツルにして 2つの穴を 掘りました。

j3_17.jpg

改造内容は 以上になります。

現在は洗浄をして 下地サーフェイサーを吹いて、表面処理を チマチマしてます。

来週も 一旦 ダブルオーライザーに 移ります。



j3_18.jpg

最後は 先日 新宿のオフィス系ビルで食べた 天丼。
(店名は たしか 「天吉」だった)

半熟卵が乗っている なかなか 美味でした。

以上、今週はここまで。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL