2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPHG キャスバル専用G★ ≫ HG キャスバル専用G その14

HG キャスバル専用G その14


今年も後 3か月

このペースでいけば 結局「ジェノアス」と「キャスバルG」で 終わりそうである。


■ ■ ■



c14_1.jpg

3番目の赤を 塗りました。

なんか 血が固まった後の 「かさぶた」の様な色になってしまった。

正直言えば あんま うまく出来てないが 面倒なので このまま進めてしまおう。

c14_2.jpg

赤① と 赤② が やはり判りずらい。

一応 3色塗っているのだが・・。

c14_3.jpg

肩です。 

c14_4.jpg

大体 本体は終わりに 差し掛かってますが まだマスキングあり・・・。

c14_5.jpg

これは 赤①を マスキングの都合上 再度塗ってある物なのだが やはり 写真だと判りずらい。

c14_6.jpg

サーベルは 蛍光ピンク

モノアイ と シール一部は クリアーパープルを塗装

とまぁ こんな感じで プラモネタは以上


■ ■ ■



c14_7.jpg



「DDON」




グランドミッション 「魔物のるつぼ」

60000ポイントが 最高ランクの商品がもらえるのだが

ご覧のとおり 40000あたりで やめました。

しかしまぁ エルダードラゴンに 何度殺されて 何度メンバーに「ありがとう」を 言ったことやら・・。

それと やはりパーティーバランスは 重要で

「ファイター」ばかりのパーティーだと 倒すのが時間かかりすぎる

「ソーサラー」「アーチャー」あたりは いないとキツイと思う

後 全員レベル40は 必須でした。
(レベル30代と 組んでやったら エライしんどかった)



現在 「グリッテン砦」の グランドミッションやってるが

今回は パスして 「トータルレベルでアイテムがもらえる」 の方に 集中することとする。

ファイターがレベル40

最高ランクが トータルレベル120なので

120 - 40 = 残り 80

80 ÷ 残りジョブ数5 ( アーチャー シールドS クレリック ソーサラー シーカー ) = 16

なので ファイター以外の職を レベル16 に上げる作業を チマチマ行っております。

ただし 期限付きなので あんま ノロノロは出来ない。


c14_8.jpg

冒険パスポート中で バザー出しまくってます

関係ないが この2人 仲悪いのでは?

バザーは スゴイ繁盛しているだろうが 素材屋は ・・・

c14_9.jpg

バザーで 高額で出品されているアイテムに 「火延焼のクレスト」がある

クレストの中では 最高ランク 大体 40000ゴールド が相場だろう

高いので 諦めていたのだが

「ベヘモット」を倒すクエスト 「悠久の古城」 で もらえるとの事で挑戦した



1度目は 自分 + メインポーン2 + サポート1 の フルメンバーで挑む

が、

「あたらないよ~🎵」 と言う 

メインポーンの元気良い掛け声後 瞬殺で 「やられたー」 と撃沈(笑)

それを 「いつものことか」 と諦めムードで 助けに行く私も 共に撃沈 (笑)

おいおいおいおいおいおいおいおい (ゴゴゴゴ・・・)



そこで 2度目は 自分1人で挑むことに

1時間30分の 長丁場でした (マジ)

グランドミッションで 「ベヘモット」は かなり慣れていたので

行動パターンは かなり読み易い
(とか言って 油断していると パターンが増える場合があるので 油断大敵だが)

「ベヘモット」の体に 張り付いていれば 「怒り」意外は 安全地帯

しっぽの付け根を ただひたすらに 攻撃あるのみ

結果は 写真の通りです。

なお 「報酬サポートコース」 をせっかくなので 使いましたが

「火延焼のクレスト」が 2つもらえることは ありませんでした、残念。


c14_10.jpg

最後に

日々せっせと 貯金して ようやく 100万ゴールド貯まりました。

しかし トロフィーは 何も無かった (50万はあったけど)



■ ■ ■

c14_11.jpg

読書感想短文


↑ 誰も 火星なんて 行った事ないのに 想像だけで よく書けるわ。

悪人やら 火星人やら は出てこない

火星に「1人」 取り残された宇宙飛行士が

基地(ハブ) で 綿密な計算の元に 生き残る模様を書いた 火星サバイバル生活小説

主人公の マーク・ワトニーの キャラが良いです。

なお 今度 マット・デイモン主演で 映画化されるそうだが

ワトニーのキャラには 合わないと思うよ

とにもかくにも おもろかった本です。

c14_12.jpg

こちらは 本屋で立ち読みで すまそうと思って読んでたけど

結局 買って読んだ。

小・中学校等の 授業の教材として 使うと良いのでは? と思いました。




 





スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL